精密機器のための部品加工 ~NC旋盤加工の方法

部品加工 INFORMATION

部品加工

あらゆる機械製品は、その機械の機能を果たすための部品の集合体であると言える。
従って、機械工業の分野で行われている部品加工は、機械製品を製造する際に重要な意味を持っているのである。

後述することだが、部品加工を行う際には必要な部品に合わせた加工方法が存在している。それらを使い分けてそれぞれに当てはめ、部品加工を行う工場は稼働している。
特に、近年では機械製品の中でも特に精密機器と呼ばれる種類の物が需要を伸ばしており、そのように呼ばれる機器のための部品加工に力が入れられている。

加工方法

komakana

部品加工を請け負う工場では、求められる部品の形状や性質に合わせたさまざまな加工方法を駆使して、その仕事に当たっている。
特に、金属部品を加工する際の加工方法としては、フライス加工やワイヤー加工、旋盤加工といったものが挙げられる。

上に挙げた方法は、金属加工の中でも特に切削加工と呼ばれているものである。部品を作るための素材となる金属塊を切ったり削ったりして、形状を整えていく加工方法である。
切削加工の他には、金属塊をプレスして行うプレス加工などがある。

使われるのは、それぞれフライス盤や切削用のワイヤー、旋盤機械、プレス加工機械である。
例えば、フライス盤は素材を固定し、回転する刃を押しつけて金属を削って加工する。さまざまな形状に切り出すことが出来るところが特徴である。
プレス加工機械は、上下の金型で素材をはさんで力を加え、形状を変化させる物である。「曲げ加工」や「穴あけ加工」に適している。

機械加工

buhinkakou

部品加工は、今、精密機器を作るための「精密加工」を求められている時代である。
そのために使われているのは加工機械であり、礼としてはNC旋盤加工を行う工作機械がある。

旋盤機械は、フライス加工を行うフライス盤とは逆に、固定した刃に向かって回転をかけた金属素材を押し当てて切削するものである。
素材は回転しているので円状に切削されることになり、結果としては円柱形の部品が完成することになる。
これを、機械制御で行っているのがNC旋盤加工の工作機械なのである。

旋盤加工の他のさまざまな加工方法のための機械も開発されており、工場で稼働している。より良い品質で精密さを追求した部品を、供給するための取り組みなのである。

新着情報

2014/06/07
NC旋盤加工を更新しました
2014/06/07
精密機器を更新しました